新しい生活を考える(1)

 

横浜は好き。

でも、マンション暮らしはそろそろいいかな……と思い始めたのは2〜3年前から。

マンションはラク。修繕費管理費を払えば、管理計画に基づいて修繕はされるし。

でも、基本的にカプセルの集合体みたいなもので、ドアを開けないと外とつながれない仕組みになってます。むしろ、そうしたい人たち(プライバシーを守りたい人たち)のために作られたとも言えるので、それはしょうがない。

 

もっと縁側みたいな場所があって、ゆるく外部とつながってる家に住みたい。

いや、「そういう家に住みたい」ではなくて「そういう暮らしがしたい」って、文字で書くとこの「暮らし」という言葉にアレルギー反応が自分にもあって、お前はロハス教かと自分突っ込みしたくなるんだけど、巣の中だけよければいいって暮らしにちょっと飽きたというか何というか。

 

とはいっても単に縁側があって表に面している家に住めば今感じてる欲求不満が解消できるとも思えない。どういうふうに生活を成り立たせていくか、経済面含め「芯」をもたないと単なる引っ越しで終わってしまう。

 

こういうちょっとした変わり目というか転機はいつもどこかからGOサインが出るような形で始まる。

「もっと生活者目線で島のことを知らないと小笠原のことが書けない」と思い、

1年半程度母島に移住したときも、決心してから2ヶ月ほどで今の家に住んでくれる人がみつかり、母島で部屋を貸してくれる人が現れ……という具合にどんどん望む方へ転がっていった。

行って見た結果、オガサワラオオコウモリの本を書く話が舞い込み、その後、小笠原自然文化研究所とこども向けの本を作る動きにもつながっていった。

 

この1〜2年、何か新しい暮らしのヒントになりそうな場所やイベントを見つけると、とりあえず行って見るようにしていた。

行ってみないとそれが是か非かも分からないしイヤだったらもう行かなければいいんだし。

そこで分かったのは、今あちこちで開かれている移住をお勧めする系のイベントは、

元をたどれば政権の「地方創生」の予算が国→団体や官庁外郭団体などに降りてきていて、

そこから、既存の業態を現代的なアプローチで展開している企業(うまく言えないけど、ものすごい誤解を恐れずにいうと、慶応SFC出身の人たちがやってるようなベンチャー的なスピリットもったところ(笑))に業務を下ろしていて、オシャレ系移住イベントになっているのだということ。

 

こういうイベントの対象は基本的にせいぜい40代まで。

なんだかんだいっても、過疎化が進んでいて消滅都市の可能性を感じている地方都市が欲しいのは、生産人口でできればこれからこどもを産む夫婦。

1回行って、ああ、もういいやと思ったイベントや集まりもいっぱいあった。

それは自治体(と、そこから仕事を受けている組織)の都合。だったら自分の都合を優先できる場所を探すしかないな。

 

朝日新聞出版のdot.というWEB媒体に記事を書いているけど、その取材にかこつけて、おもしろそうなところにいろいろ出掛けていっていた。

継続してこの場所で知り合いを増やしたい、この場所いいなと思っているのは2〜3箇所。

次回から、私が興味深いと思った場所について1つ1つ記していきたいと思います。