島暮らしのお金の話 その2

1年で100万あれば、島で生きていけるんじゃないか? 特に仕事をしなくても。と思った私。


当時、私の人生上もっとも貯金があったので、もう少し食い込んでも大丈夫だろう!という甘い見込みでGO

 積極的に島で仕事をしようとしなかったのは、もともと最終的に島を理解するため、もっと深く知って文章に活かすためだったので、なにか見逃せない取材の機会があったらすぐに動けるようにしておきたかったからでした。
(しかし、バイトを何個かして、やっぱり島の中で働かないと見えないものもあるなとも思いましたけどね)。

自営業者だからこその!大きなツケ!

5月末の船に乗ることにして、5月中旬までは仕事をしていました。

ライターとか編集とかを個人で受けてする場合、原稿料は早くて翌月、遅いと翌々月。当時仕事をしていた媒体は翌月払いだったので、6月までは収入があることになってました。
しかし、これですよ、考えれば分かるだろ!

税金!!

横浜市から転送されてきた1枚の書類……。
そうそれは、税金!!!

 

固定資産税が12万。
県民税・市民税が……40万近く!(横浜市の税金の高さは全国1

自営業者は昨年の収入に応じた税金を翌年払う。

そのため、まあまあまともに稼いでいた2008年までの税金が、無収入となった今!

 ……20年近くフリーランスやってて、なぜこれに気がつかなかったのか。

前年までは結構稼いでいたため、一括で5月に血の涙を振り絞っていたので、正直「忘れてました」。バカでしょう。
国保もあります。こればっかりは、病気したことを考えるとはらわざるを得ない。これが、なんと

 67千円。

まじでー。

てことは、

(すべて月額)
・家のローン+管理費    4万円
・簡易保険              2万円

にくわえて、

・固定資産税            月約1万円
・国民健康保険          67千円
・市民税・県民税        約4万円

 計 約173333円!!!が毎月必須!!

なんてこったい。
本当のことを言うと、これに国民年金がかかるわけですが、これはさかのぼって払えるので、すいませんがこの1年は払ってませんでした。

 だって払えないんだもん!!

 預金は当時、800万ぐらいあったかな?これは人生初でした。
いつも、残金数十万円または数万円という残高で生きてきたので、すごい大金に思えたのですが、上記の金額にくわえて日々の生活費を収入無しでまかなうとしたら?

真っ青 いや真っ赤……赤字

そしてこれにくわえて生活費が!!

ということで、島での暮らしを順調に送るとしたら、2年目からなんですよ。(自営業者の場合)。

1年限定というのはなかなか、ヘビーな選択だったわけなのですが、それでも、リーマンショック以降、徐々に原稿料が下がっていましたから、もう数年がんばって貯蓄するという選択肢はない。清水の舞台から飛ぶのは、あのときしかなかった!!

 まあ、でも、ふつうの神経の人間なら、もともと博打のようにして生きている自営業者なんですから、少しだけでも貯蓄ができたら老後に備えるとかなんかすると思いますが、そういう考えは一切頭になかったです。

島の1年を知りたい!感じたい!ただそれだけでした

こうやって書いていて分かったけど、島から戻って、以前より稼いでいないから生活大変だわ!と思っていたけど、今も当時の赤字が残ってるってことに今、気がつきました。
赤字+収入減、そりゃ大変だわ。(笑)


先日FBで回ってきた星座別性格判断

http://uranailady.com/08_seizahayami.html

では、蟹座は「脳天気すぎ」って書かれてましたが、そうなんですねきっと。
私は大変に心配性で、気が弱いのですが、きっと根本的には脳天気すぎるんでしょう。ああーー自分が情けないー。

ということで、毎月の必須の金額が分かって、次回からはいよいよ本題、島暮らしでいくらかかっていたか?生活費です。